アトピーとアレルゲン

アトピー改善のためにまず最初にする事と理由

更新日:

 

アトピーとアレルギーの関係

本日、アトピーの原因は未だに分からないってホント!?でも
書きましたが、アトピーの原因は一つでは無いということですね。

 

現在の医学でもお手上げ状態なのです。
患者さんの症状は千差万別ですしね。
複合的な要因によって発症しているという事です。

 

インターネットの世界では
『この謎の病気に対しての情報弱者、困窮している人』
に詐欺まがいの商売をしている人が後を絶ちません。

 

そんな現状に警鐘を鳴らし、本気で手助けが出来ればと思っています。

 

話がそれてしまいました。
修正致します。

 

まず初めに病院に行ってない方は病院を受診する事を強くお勧めします。
ですがアトピーの名医、権威の病院は専ら混んでいます。
初診はもちろん、診察券を出して一時間~二時間待ちは当たり前です。

 

なので初めは『アレルギー科』に受診する事をお勧めします。

私もアレルギー持ちです。

 

 

私のアレルギーの一部を紹介

・キノコなどの菌類
・オレンジなどの柑橘類
・卵
・牛乳
・アーモンド、くるみなどナッツ類
・ピーナッツ
・アロエ
・ごま
・大豆(納豆、豆腐、きな粉)
・お米
・豚肉
・牛肉
・スギ花粉
・ブタクサ
・ハウスダスト
・動物の毛(犬や猫)
・動物のふけ(犬や猫)
・ダニ

などなどです。

 

本当に一部です。
「よく生きてるね。」「何を食べて生きてるの?」
と言われる事が多いです(笑)
私もそう思います。

 

お陰様でお米や豚肉、牛肉は陽性反応ですが、さほど皮膚への影響は少ないです。
反対にナッツ類や柑橘類は食べた30秒後位には反応が出ます。

 

「あっ、これ◯◯入ってるね。」と、すぐに分かります。
神の舌みたいですよね。(苦笑)

 

そのアレルギー反応が酷いものです。
その食べ物によって違うのですが、

・唇が腫れ上がる
・背中全体が赤く腫れ上がる
・首周りが痒くなる
・まぶたが腫れる
・喉が塞がる感じ

などなど様々です。

 

これはアレルギー反応ですが、これによりアトピーが悪化します。
何日も痒みが続き、肌はガサガサになります。

 

今までの治療が嘘の様に、酷い有様です。

 

 

まとめ

 

ですので、まずはアレルギー科を受診してアレルギー検査をしてください
陽性反応の出たものを除外する生活は根本的な治療にはなりませんが、
悪化するのを防ぎます。

 

まだの人は是非行ってくださいませ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-アトピーとアレルゲン
-, , ,

Copyright© アトピーの原因と症状を徹底的に改善する方法! , 2017 AllRights Reserved.