アトピーと私の経験談

調べて分かった尿素の事。アトピーとの相性は?

更新日:

 

いきなり登場した尿素配合!

 

もう十年以上前になるかと思います。
尿素配合の保湿剤を使用していました。
当時はあれにも尿素、これにも尿素というぐらい色々な化粧品に入っていましたね。

 

皮膚の改善に効果があるという事だったので、私も使用していました。
一番最初に塗った感想は『ヒリヒリして痛い』というものでした。
でも『良薬は口に苦し』ということわざもあるし、使い続けていれば慣れるだろうと、
安直に考えて何日も塗っていたのを思い出します。

 

その後、なんだか悪化した様な気がして、さらに大量に日に何度も塗っていました。
そんなある日、知人から「尿素はアトピーの人には良くないよ。」
と言われ愕然としたのを覚えています。

 

まさか!?と思いましたね。
当時インターネットや本で調べた所、尿素は
『皮膚の乾燥を防ぐ。』
『皮膚のバリア機能を改善する。』
『炎症が治まる。』
などなど、良い事が並んでいました。

 

知人の話が本当なのか、本などの事が本当なのか分からなくなった私は、
自分の身体で実験をしてみました。

 

 

自分自身で知った驚愕の事実!

 

二週間は塗り続けて経過を観察しました。
そして元の皮膚の状態に戻し、二週間は塗らないで経過観察。
また元の皮膚の状態に戻し、二週間は尿素の入っていない保湿剤で経過を観察する。

 

すると明らかに尿素配合の保湿剤を使用していた時が、
何も保湿剤を塗らない時よりも状態が酷かったのです。

 

これには驚きました!!

 

「世界中の研究データや文献は正しくないのか?」
「何故世間は尿素配合を推し進めているんだ~!?」
「尿素ってなんだ~??」
「マスコミに踊らされているのか~??」
いや、そうではないらしいんですよ。

 

尿素配合の効果である『乾燥を防いで、バリア機能を改善し、炎症が治まる』
のは実際に本当にそうなんです。

 

ただアトピーの私には合わなかったという事です。
いま現在尿素配合を使用していて何も問題ないのであれば、構わないです。
否定をしているのではありません。

 

ただ尿素のピーリングという作用は、
『角質を剥がして肌をツルツルにする』効果があるのです。

 

新しい皮膚が生成される前に、肌を保護している角質を剥がしてしまう。
アトピーの人には向いていないのではないかと思いますね。

 

まとめ

 

インターネットを調べてみると、賛成派、否定派、様々な意見があります。
手作りの尿素配合の化粧水を作られている方もいらっしゃいます。
ただどんな薬や保湿剤でもそうですが、合う合わないがあるので、
慎重に選んで使用する事がとても大切ですね。

 

少しでも悪化したり、痒みが増したら一度止めてみる。
(私も含めて)情報を鵜呑みにしない。(汗)
自分に本当に合うものを選んでくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-アトピーと私の経験談
-, , , ,

Copyright© アトピーの原因と症状を徹底的に改善する方法! , 2017 AllRights Reserved.