プロフィール

はじめまして、ゆきまると申します。
眠そうな顔ですいません。(汗)

 

自己紹介をさせて頂きます。
東京都在住の7歳のオスです。
人間でいう所の40ウン歳です。(笑)

 

幼少の頃からアトピーでした。

 

私も生れてすぐの頃からアトピー性皮ふ炎と診断されました。
その頃はアトピーの名医という医師の所へ行ってました。
車で1時間半ほどの所です。

 

毎月のように通いました。
その頃は「卵と牛乳を控えてくださいね。大人になったら治りますよ。」
と言う医師の言葉を信じて卵と牛乳を控えてました。
給食の時などは友人に牛乳を飲んでもらったり、
卵を使用した料理を残したりしたのを覚えています。

 

白い外用薬とワセリンの様な外用薬、それと内服薬もあったかと記憶しています。

 

酷くなる思春期時代

 

中学に入る頃には少しづつ悪化していき、
手の甲など皮膚が柔らかくない所まで出始めました。

 

「本当にこのままで良くなるのか?」と父母と相談して近所の病院に通い始めました。
以前通っていた名医はかなりの高齢で、何年も通って診察をしているのに薬が一向に変わらなかったのです。

 

近所の病院では始めて見るチューブの薬を渡されました。
この薬の効き目は素晴らしく、今にして思えば『ステロイド』だったのだと思います。
急速に良くなりました。

 

もう治ったと自己判断をして病院にも行かなくなると悪化をする。
また病院に行って薬をもらう。
またしばらくして悪化の繰り返しでした。

 

人間でいうところの18歳(もう面倒くさいですか?すいません。)で東京で一人暮らしを始めました。
当時はお金もなく病院に行くのも面倒なので、ほっといたんです。
まあ当然悪化していきます

 

乾燥が一番良くないと思い、薬局で保湿剤を買いそれを塗ってました。
が、それでは良くなるわけもなく、ドンドン悪化していきました

 

当時の私は病院へ行くという選択肢が無かったんだと思います。
何故かは分かりません。

 

やっぱり怖い自己判断とアトピービジネス

 

雑誌の裏に書いてある『アトピーに効くという飲み物』を買ってみたり、
知人から『アトピーに効く塗り薬』を買って試したりしていました。
結果はもうお分かりですよね。

 

顔は真っ赤に腫れ上がり、皮膚がボロボロ剥がれてきます。
ちょっとの刺激でも痛くて、とても外出できる状態ではありませんでした。
学校や仕事も休みがちになり、この時に「本当に治そう」と決意します。

 

本屋で何冊か本を購入して実践してみました。
効果はそれぞれで自分に合うものと合わないものがある事を知りました。
なので私のサイトの情報ももしかしたら合わないかもしれません。

 

ですが、私の様な遠回りをしてほしくないです。
またアトピービジネスなどの詐欺まがいの商売に乗ってほしくないんです。

 

まとめ

 

お陰様で現在の私の状態はとても落ち着いています。
完治とまではいきません。
今でも二ヶ月にいっぺんほど病院に通っています。

 

拙い文章で古い情報があるかもしれません。
先ほども申し上げたように合わないかもしれません。
ですが一所懸命やっていきます。
ご意見やご質問がありましたらコメント欄やinfo@newzone.bizこちらまでメールを送ってください。
数日中にはお返事させて頂きます。

 

私と一緒に完治を目指しましょう。
宜しくお願い致します。
ゆきまる

スポンサーリンク
スポンサーリンク

更新日:

Copyright© アトピーの原因と症状を徹底的に改善する方法! , 2017 AllRights Reserved.