アレルギーと生活スタイル

アトピーは乾燥とアレルギーが大きく関わっている!?

更新日:

花粉症の時期

 

とうとう花粉の時期がやってきました。
と言っても、スギやヒノキの花粉症の人。
今が一番つらい時期ですが、他の花粉症の人はどうかというと、

 

イネ科のアレルギーの人は、4月の中旬から長いと10月後半までずっと悩まされますよね。
また、ブタクサやヨモギアレルギーの人は7月中旬から12月下旬までとこちらも大変です。

 

お住いの地域によって違いはありますが、花粉症の人は事前の予防が鍵になってきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

食品アレルギーの場合

 

自炊をする時などは、原材料名を確認して料理をしていますが、外食となると厄介(やっかい)です。

 

作業工程では使用をしていない材料でも、隣で調理をしているとか。
使用している包丁やまな板に付着しているケース。
従業員が把握(はあく)していなかったりと、体内に入ってしまう事はあります。

 

充分気をつけているはずが、いつの間にかに摂取(せっしゅ)しているという事は考えられます。

 

その他のアレルギー

 

動物の毛やフケ、ハウスダスト、金属アレルギーとその他のアレルギーも無視できません。

 

動物アレルギーの人はなるべく近づかないようにする。(犬が言うのも何ですが・・・。)
家の掃除をこまめに行う。
ピアスや指輪、ベルトのバックル、腕時計、金属アレルギーの人は見逃していませんか?
外して生活を送ると効果がある場合もあります。

 

まずはアレルギーテストをしましょう。
5年前、10年前にテストをした人は、再度受ける事をおすすめします。
変化しているかもしれませんよ。

 

肌の乾燥は大敵

 

こちら
肌の乾燥を防ぐのは保湿?保水?それとも・・・
でも書かせて頂きましたが、肌の乾燥はアトピーの大敵です。

 

今年の乾燥は特に激しく感じました。
もしかしたら花粉も影響しているかもしれませんが、今年の冬はちょっと酷い(ひどい)状態です。
例年でしたらそこまででもないのですが、肌はカサカサで痒くて仕方ないです。

 

アレルギーと肌の乾燥は複合的(ふくごうてき)に作用していると思われます。

 

まとめ

 

腸内環境を整えてアレルギーを排除し、お風呂で綺麗にした肌にはきちんと保湿や補湿をする。
アレルギーの悪化は複合的な要因で進む事があります。
この時期は特に注意しましょうね。

 

(・・・自分に対しても言ってます。)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-アレルギーと生活スタイル
-, , , ,

Copyright© アトピーの原因と症状を徹底的に改善する方法! , 2017 AllRights Reserved.